同和園トップページへ

リハビリ室

その人らしく生きるため、生活に根差したリハビリを目的に!

同和園リハビリテーション室は特別養護老人ホーム、養護老人ホームの他に在宅サービス(デイサービス、ショートステイ、認知症カフェ等)にも関わり幅広く活動しています。理学療法士・作業療法士がご利用者に対し適切なケアや運動などの指導を行うことで、その人らしい生活リハビリを提供していくことを目的に取り組んでいます。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームの5つのポイント(図)

特養でのリハビリは目標に合わせた「個別リハビリ」。二次障害の予防や活動性の改善を目標とした「ポジショニング」。入居者同士の交流の機会や、活動の機会を作る「集団リハビリ」。この3本の軸に、個々のニーズやユニットの特性に応じたアクティビティーの企画を行っています。またケアワーカーに対し、ポジショニングやトランスファーの研修も行っています。
リハビリスタッフのみではなく、ケアワーカーなどの他職種と協力し、入居者の生活を最後まで支える手助けが出来ればと考えています。

養護老人ホーム

養護での関わりは、個別に福祉用具等の選定、環境調整を行ったり、最近では転倒される入居者様が増加してきていることから、「転倒予防教室」を開催し個々の方々に対し運動機能を評価することで転倒リスク軽減や身体機能の維持を図っています。

デイサービス

デイサービスの様子:写真

デイサービスでは担当の理学療法士が機能訓練計画に基づき看護師とともに訓練を実施し、より専門的な立場からご利用者様へ運動などに関するアドバイスを行っています。また必要に応じ自宅訪問に同行するなど、ご利用者様の在宅での支援ができればと考えています。

認知症カフェ

講演会の様子:写真

認知症カフェとは?まだ、聞きなれない方が多いと思いますが、当事者やその家族、各専門職、地域住民が集う場としてお互いに交流したり、情報交換することを目的として運営されています。関わっている作業療法士の数も京都市では4件ほどしかないのが現状です。活動としては、前日の資料作りや参加者の確認、当日の会場設営、配膳、認知症予防についての講演、参加者のカフェの場づくりなどです。今後、作業療法士として思うようにできなくなったADLや趣味活動の提案、心理的支援をしていきたいと考えています。

スタッフから

快適に生活できる身体環境・住環境の提供に向けて

同和園に就職する以前はリハビリ専門病棟で勤務していました。担当させて頂いた患者様の在宅生活を聞くたびに、「その人らしい生活」とはどういうものだろうかと考える機会が増え、同和園で仕事をすることを選びました。同和園に就職してから受け持ちの方の最後を看取る機会が多くあり、最期までその方の送りたい生活をサポートするのが本来のリハビリの姿なのではないかと思うようになりました。現在は微力ながらも入居者の方のニーズに少しでも答えられるように日々の業務に取り組んでいければと思っています。

最後に

スタッフ4名:写真

リハビリテーション室は平成26年に開設され現在理学療法士3名、作業療法士2名で日々活動しています。それぞれが専門性を生かし関わることで、少しづつではありますが園内でのリハビリというものが浸透してきているように感じます。
今後は現在行っていることをより質の高いものにしていくため、人員の増加(特に言語聴覚士の採用)、また地域にも貢献できるよう訪問リハビリの検討も進めていきたいと考えています。

同和園トップページへ