同和園トップページへ

同和園の理念

私たちは、ここで生活されるすべての方々、並びに在宅でサポートをお受けになるすべての方々に次のとおり「ケアサポート」を提供することを誓います。

ケアサポート理念

同和園ケアサポート大綱

私たちは、『同和園ケアサポート理念』に基づく「あなたらしい生活」を最優先にして、ケアサポートを提供できるために、次の考え方を大切にしていきます。

一、「生活の主体」が利用者の皆さんであることを大切にします。

*「主人公は誰なのか」ということを常に考え、決して介護優先、職員主導のケアにならないように努力します。また、その場合も常に本人の「意思」を大切にします。

一、「あなたらしい生活」のために生活の基本部分の自立を大切にします。

*その方の「生活に係わる基本的な部分」の自立を大切にする事により、自立した生活行為を送っていただき、本人の意思で生活の仕方を決定できる範囲を広げていきます。
*本人の意思や希望の尊重を行っていく上で、専門的な判断によるインフ ォームドコンセントをきちんと行い、的確なケアサポートを提供できるように心がけます。

一、ケアサポートを提供していく上で、ICF(国際生活機能分類)の考え方に依拠し、人と環境の相互作用に留意した計画を立てていきます。

*介護サービス計画(ケアプラン)策定に当たり、個々の入居者、利用者の生活機能をとらえた計画を立て、ひとり一人の生活や人生の創造につながるケアサポートを提供します。

一、「住み慣れた地域で生活したい」という願い、「地域の中で生活している」という実感に応えられるよう、入居者・利用者・地域の方々と共に考えます。

*施設の力である「安心」「信頼」「専門性」「継続性」を発揮し、地域の力である「共助力」が高まるよう努めます。
*同和園が地域コミュニティーの一員となれるよう働きかけを怠りません。
*入居者が地域との関わりを持てるよう努めます。

一、よりよいケアサポートを提供できるように職員の研修を怠りません。

*常に職員が、自己研鑽していける環境を整え、施設内外の研修に参加することを怠りません。
*専門職としての基本的な概念や技術の習得のための研修を行い、また、新たな概念や技術の開発にも努力を惜しみません。
*特に介護技術は、その方の所持能力を引き出せるような「新しい介護」を学びその技術の標準化を図ります。

一、すべての職員がそれぞれの力を最大限に発揮できる組織運営に努めます。

*人が育つ組織のあり方を常に模索していきます。
*役職を持っているものはその役割を十分に理解し、その職務を果たせるよう努力します。
*各職種の専門性を明確にし、それぞれの専門性を高め、その力を最大限に発揮出来るよう努力します。

2007年6月1日

ケアサポート理念
同和園トップページへ